快適フライパンストーリー〜フライパンを買い替えたら1年で5.5㎏痩せた〜

ダイエットもしたい!炭水化物も食べたい!油を敷かなくてもいいフライパンにしたら痩せちゃいました!!!そんなフライパンのアレコレを語るサイトです。

【フライパン】中火ってどんな感じ?

      2016/04/09

こんにちは、妻のミオトです。

セラミックコートやフッ素コートのフライパンは火加減が命です。強火で使ったりするとあっという間にコーティングが痛んでしまいます。その結果として、

「すぐに食材がくっつくようになった……。たった1ヶ月で詐欺だ……。」

みたいなことになります。セラミックコートのフライパンとフッ素コートのフライパンは「中火」で使うのが鉄則です。

……。

……。

……。

ところで「中火」ってどのくらいかわかりますか?以外と中火が分からない人が多いと思ったので「中火」をまとめてみます。

中火とはどのくらいの火加減なのか

Hikagen2

Hikagen3

Hikagen4

これ、どれが「中火」かわかりますか?答えは3番目の画像が「中火」になります。

「中火とはフライパンの底に火があたるかどうかの強さです。」

画像の上から、「強火」「弱火」「中火」です。
弱火と中火はわかりにくいですね!でもこのくらいの違いしかありません。

よくある間違いが火の強さを直接目視しないで、つまみを強火と「弱火の真ん中にもってきて「中火」だと思ってしまうというものです。

これはけっこう「強火」の部類に入ります。火の強さはガス台によってけっこう違いがあります。なので、火の勢いを直接目でみて確認するのが大切です。

セラミックコートのフライパンやフッ素コートのフライパンは中火でも十分料理ができます。

なので、この火加減だけ間違えなければ、快適に料理ができます。そしてフライパンも長く使うことができます。

今まで鉄などのフライパンを使ってきた人は「強火」で料理をすることに慣れているので火が弱いと料理ができている気がしないかもしれません。多くの人がそうだったりします。そこが、セラミックコートやフッ素コートのフライパンを潰してしまうポイントだったりします。

なので、火の加減だけは必ずマスターしてください。そうすれば末永くフライパンを使うことができます。

アフィリリンク

公式HPで詳細を見てみる場合はこちらをクリック セラフィットフュージョンで油の要らない料理を体験してください。

 - フライパンの雑学