快適フライパンストーリー〜フライパンを買い替えたら1年で5.5㎏痩せた〜

ダイエットもしたい!炭水化物も食べたい!油を敷かなくてもいいフライパンにしたら痩せちゃいました!!!そんなフライパンのアレコレを語るサイトです。

私がセラフィットフュージョンを選んだ5つの理由をまとめてみた

   

こんにちは、妻のミオトです。

私達夫婦はフライパンを買い替えることを考えたときに、数種類のフライパンを検討しました。

フライパンを買い替えるときに「油を使わなくてもいいフライパン」としか基準が無かったので、「買い替える」と決めてから他に何を基準に考えればいいのかわかりませんでした。

その中で、どういう基準でフライパンを絞り込んでいったのか紹介したいと思います。

油を敷かなくていい

このサイトの存在意義みたいなものですが、当然、「油を敷かなくていい」ということがフライパンを選ぶ上での最重要項目です。

「ダイエットをしていても炭水化物が食べたい!!それなら普段の食事を少しでもヘルシーにすればOKじゃない?」

という発想からフラパン選びがスタートしました。なので、当然ですが鉄のフライパンなどの油を大量に使うフライパンはNGです。

「料理をするのに油を敷かなくていい」

というのは私にとって本当に画期的でした。そのことを知ったときは、

「あ、ありえない・・・」

ってマジで思いましたもん。料理って想像以上に油を使います。なのでいつも、

「これだけの油を身体に入れているのか・・・そら、痩せないわな・・・」

って思ってました。その油を使わなくていいのであれば、購入を迷う必要はありませんでした。少しくらいは炭水化物を食べてもダイエット的にもOKだと判断しました。

ダイエットのトレーナーにも、

「油分か炭水化物の両方減らすのが1番早いけど、それだとストレスからたまるのでどっちか減らしてください」

と言われていました。なので、油は肉とか魚から自然に食べて入る量に抑えることができると感じました。

女の私でも振れる重さだった

フライパンを買い替えるときに「油を敷かなくてもいい」というのが最重要だったのですが、それとは別に重要視したことの1つにフライパンの重さがあります。

私はビックリするくらい力なありません(笑

基本的に重たいモノは持てません・・・。持ちたくとかではなくて純粋に腕力の問題なんです。

フライパンってモノによっては相当、重たいです。

なので、せっかく油をしかなくてもいいフライパンを購入しても重たいと使えない可能性がありました。

セラフィットフュージョンを選んだ基準の1つに「重さ」がありました。

セラフィットフュージョンの重さは1028グラム

実際にセラフィットフュージョンを計りに乗せて重さをはかってみます。今まで使っていた普通のフライパンとの重さの違いを比べて見ます。

IMG 0763

▲ セラフィットフュージョン28㎝の重さは1028グラムです、

IMG 0764

▲ セラフィットフュージョン24㎝の重さは782グラムです、

IMG 0765

▲ セラフィットフュージョンの20㎝重さは612グラムです、

IMG 0766

▲ 今まで使っていたフライパンは606グラムです

今まで使っていたフライパンよりセラフィットフュージョンの方が重いです。
400グラムの差でした。
ですが、このくらいの誤差なら力のない女の私でも使うことができます。

個人的には28㎝のフライパンでも振ることができるので助かっています。フライパンを探していたときに油をしかなくてはいけないので選択肢には入らなかったのですが、「鉄」のフライパンでは私は振ることが出来なかったです・・・。

フライパンはどれだけ性能が良くても振れなくては使い物になりません・・・。
女の私でも、力のない私でも、フライパンを振れたというの重要なことです。

金額

フライパンを買い変えることを決めて1番気になったのが値段でした。

今まで使ってきたフライパンというの、高くてもせいぜい3,000円くらいのモノです。どこかのブランド物でもないですし、そもそも、何時どこで買ったかも覚えていないようなレベルです。

フライパンに大きなお金を出すという感覚なんてもったことがありませんでした。

今回、フライパンを買い替えるにあたって悩んだフライパンは全部15,000円オーバーです。ちなみにセラフィットフュージョンは3つで17,800円+税金です。

他の油を使わなくてもOKなフライパンの中で飛び抜けて安かったのです。

デザイン

買い替えを考えたときに「デザイン」は少しこだわりました。夫のリョウイチは白のフライパンということで、

「汚れが目立つんじゃないのか?」

ということで、最初は反対でした。

でも、料理をするのは基本的に妻の私です。自分がモチベーションを上げて料理にとりかかることができるかどうかは、けっこう重要なことです。

特に、私は「料理下手」でした・・・。過去形なのは今は少しはマシだと思っているからです。(笑

料理が得意じゃないのに、夫のリョウイチが、「ダイエットしてるから、これが食べられない」とか「アレが食べられない」とかいうわけです。

作る立場のコッチからすると、

「そんなこと言われると作るのイヤになる・・・」

という感じでした。なので自分のモチベーションが上がるデザインのフライパンを選びたかったのです。

サイズ

今まで使っていたフライパンが26㎝だったのですが、少しだけ物足りなさを感じていました。

ちょっと、多めに夕食を作ろうとすると、もうフライパンの中に食材がいっぱいになってフライパンが振れないのです・・・。もともと私は料理上手ではありませんでした。なので、フライパンを振ると食材を落としてしますのです・・・。

「もう少しフライパンが大きかったらいいのにな~」

というのはず~っと思っていた不満点でした。

フライパンを探すまでは26㎝のフライパンが世間的には普通の大きさだと思っていたのです。それ以上の大きさになると業務用しかないと思っていました。

そうしたら、セラフィットフュージョンには28㎝がある!!!「えっ、そうなの!!」ってなりました。

実際、28㎝のフライパンは相当便利ですよ。

最後に

私はこんな感じでフライパンを選びました。

今でも自分の選んだ基準は間違っていなかったと思っています。実際、旦那さんのリョウイチは体重が1年で5.5㎏落ちました。

セラフィットフュージョンは普通のフライパンとちょっと使い方が違います。でも、あっという間になれるし、他のメーカーのフライパンに比べたらず〜っと安いし選んで良かったと思っています。

フライパン1つで食生活が変わると思ってなかったので、本当に買い替えてよかったです。

アフィリリンク

公式HPで詳細を見てみる場合はこちらをクリック セラフィットフュージョンで油の要らない料理を体験してください。

 - セラフィットフュージョン